So-net無料ブログ作成

先が見えないということ [自分についての状況や考察]

職場が変わった。転職したわけではない。
この異動による僕の役割は、震災の影響により、きっと変わっていくに違いない。
なんとなく予想はつくのであるが、どれだけ心身に負荷がかかっていくのかは予想出来ない。

今のところはいつもより稼働時間は少ない。
帰宅のために、夕方、異常に薄暗い駅舎を歩いていると何かこの先を暗示しているような
気がして、勤務終了の開放感が全くない。ただこれは勤務先が変わったばかりだということも
あるだろうけど。。

先が見えないことについて、昔はそれがただ楽しかった。
僕は年相応に精神が熟成していないので、今でもそれが気楽なところもあるが、
さすがにワクワクするものではない。周りの同世代たちは、だた不安しかないようだ。

不安の中にも明るい兆しを見つけて、なんだかよく分からないけど、こんな状況でも
ワクワクしてみることが出来る人は、きっと若い。

僕も桜の木以外になにかきらめくものがないかどうか探してみることにする。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0