So-net無料ブログ作成
検索選択

東京マラソンを振り返る7 [ランニング]

 明日はもう次の大会が開催されるのだが、僕の回顧はまだ昨年の35km地点。
 
 中央分離帯付近で足をさすったり、屈伸運動をしていたりしている人が目立つようになってきた。最初の下り坂を飛ばし過ぎたのだろうか? そんなことを思っているうちに僕も左膝になにか違和感を覚えていた。
 体の硬い人は起きてすぐに運動したり、過度な負荷を足に与えたりするのは良くない。寒い季節はさらに注意が必要だ。マラソン当日の負荷が当然大きいが、当日までの訓練でも注意する必要がある。訓練によるダメージの蓄積(それが無自覚なレベルでも)が、本番の障害になるかもしれない。
 さて、そういうわけで、僕の膝もやられてしまった。日々の訓練を慎重にやらなかったツケが回ってきたようだ。まもなく走れなくなるだろう。しかし残り10kmを切っている。これなら歩いても完走出来そうだ。そして、東京マラソンの異常な完走率が理解できた。結構な数の人たちが負傷してこの辺りから歩き出しているのだが、制限時間が異常に緩いので歩ききってしまえるのだ。だからエントリー大会に適しているのだ。目の前の橋に登り坂になっている。だから、橋上で動きののろい、走っていない密集が見える。かなり離れた距離から見える。
 
 走ると痛みが走る。もう歩いてもいいのだが、もうちょっと走ってみるか。少し勇気をもらおう。中央分離帯から、黄色い服をきたボランティアのいる歩道側に寄っていく。高校生の男子諸君だろうか、それぐらいの若さの群れの中に向かっていき、ハイタッチの構えをしている彼らに対して左手のグーパンチをその手のひらにぶつけて応えた。さあ、橋を上るか。

 橋の上で、完全に走るのを諦め、早歩きに切り替えた。時速6km程度まで落ちたのではないだろうか?この早さでも人を追い抜けた。この追い抜かれた人たちもきっと完走できるんだろうが、あっという間に僕の後方へ遠ざかっていった。
 相変わらずキョロキョロ周りを見回しているものの、景色を眺めているというわけではなく、癖なんだろう。内面の自分との対話で精神活動は手一杯の状況だった。完走しないでリタイヤするなんてことは絶対にあり得ない選択だったが、こんなところで歩いてなにやってるんだとか、あと1時間も歩くのは正気じゃないとか、そういう思考の堂々めぐりだったと思う。ま、東京ベイサイドの風景がそれほど面白くなかったせいもあるんだけど。面白くないというか、「なにも感じない」というところか。

 床屋で髪を切っている時に言われることなのだが、僕の頭皮はほとんど肉がない。皮が薄いのでほとんど頭蓋骨そのまんまだと言ってもいい。そのためだろうか、頭髪が後退することもなく、フサフサのままだ。しかし、密度のある頭髪でも頭の冷え込みは防ぎようがなく、ましてや顔面は不可能だ。頭が冷たいと目が痛くなってくる。この季節は毛糸の帽子も必要かもしれない。

 日本テレビのサイトだったと思うが、ゼッケン番号からゴール時間を割り出して、ゴール時の動画を見ることが出来た。周りのランナー(いや、もはやウォーカー)達は拳を突き上げたり、両手万歳でゴールラインをまだいでいたが、僕はうつむいて淡々と歩いていた。ゴールを越えた後は首をかしげて空を見ていた。何を思っていたのか?一年前なのでもう覚えていない。でも首をかしげていたんだから、きっと不満なんだろうな~。それとも、早くも次のステップのことを考えてたのかもしれないな。


 

 

 


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 1

高松宮記念

第41回 高松宮記念 2011 過去のデータから徹底分析!現場スタッフによるデータ収集、さらに血統に関しても徹底して分析済み!オッズ・枠順から見える勝ち馬の法則とは…JRAの裏情報も特別大公開!!
by 高松宮記念 (2011-03-21 07:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。