So-net無料ブログ作成
検索選択

渋谷の話でも書くか [雑談]

 渋谷ねぇ。う~ん、確かに学生の頃はよく行った街なのだが、学生時代でさえも僕はこの街に染まることは出来ないと思っていた。案の上、社会人になるとともに渋谷からは遠ざかった。その間に時々待ち合わせなんかで立ち寄ることはあったが、そのたびに僕がよく遊びに行っていた頃から微妙に変わってしまい、数少ない思い出も損なわれようとしているみたいだな。

 今地図を見ながら話しを進めようと考えていたのだが、渋谷駅の南口がない!確か東急プラザの前や井の頭線高架のそばで週刊誌の売れ残りを100円とかで売ってる屋台がある辺りの出口は南口とよばれていたような気がするのだが、地図を見ると中央口とか西口と書かれている。ハチ公口で待ち合わせるのがかなり嫌だったので人の少ない南口はよく待ち合わせに使っていた。モアイ像なんかもなかったような気がするが、今調べてみたらなんと1980年から既にあったらしい。だとすれば確実にそのそばで待ち合わせしていたことになるのだが、全く覚えていない。しかも「モヤイ像」なのね。
 あ~今調査して分かった。南改札と南口を混同していたわけだ。この街に関する記憶は思い込みによる間違いだらけらしい。

 時々父が上京してきた時に「らんぶる」という喫茶店を利用したことがある。かつてはJR(というか国鉄か)の高架下にあり、僕が生まれる前の時代に両親が待ち合わせに使っていたらしい。東京で知り合ったわけだ。らんぶるはクラシック喫茶のようだった。僕が学生の頃にはハチ公口から横断歩道を渡ってすぐの109-②の地下1階だか2階にあった。確かその喫茶店のすぐそばのテナントはファンシーグッズかなんかを売ってる店だった気がするので、僕がそのフロアに行くとなんか場違いな所に来たような記憶がある。その喫茶点は、ジャズ喫茶と同様にまったり出来る空間ではあった。多少人種が違うような感じはあったが。今はそこにはもう存在していないようだ。

 ジャズ喫茶といえば、これも地図を見てびっくりなのだが、東急ハンズの前の通りはオルガン坂っていうのか?近くの狭い坂道をスペイン坂と呼ぶのは知っていたが。。だいたい渋谷で道を聞かれて「なんとか坂を下りたら曲がって~」とかいう説明は一切通用しないぞ。あそこで道を聞いてくる人たちは全く渋谷のことを知らない人ばかりだ。まっすぐな道がほとんど無いので駅にたどりつけない人たちが続出している街でもあった。そういうわけでよく道を聞かれた。
 で、そのオルガン坂にたこ焼き屋台が並んでいて(これももうないのかも)、その辺りにある細道を入っていくと、Swingというジャズ喫茶があった。Swingという名前と老人マスターという組み合わせにそぐわない、アバンギャルドで最新の曲揃えは見事であった。しかも映像が多かった。どういう道を進んでもなんとなく一団からはぐれた行動をとりたがる僕にとってはある意味ストレートど真ん中の喫茶店だった。照明が暗くただでも眠くなる空間なので、別に眠ってしまうのは不思議ことではない。しかし、自分でリクエストした曲が流れている時に眠っているとマスターに怒られた。ここも今は存在しないらしい。

 渋谷で思い出すのが喫茶店っていうのがなんか物足りない気もするが、それなりにユニークだったから記憶に残っているのだろう。タバコを吸うためにたまたま入ったドドールコーヒーやシャノアールをいちいち記憶している筈がない。
 でも近所のドドールで時々コーヒー豆を買うこともある。もともと一駅離れた店で買っていたのだが、昨年の原油価格上昇のせいなのか驚異的な値上げをされてしまったので、だったら近所のドドール豆でいいやと思って買い出したのであるが、意外と旨い。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。